つい最近の自作品

何か作り上げる事は、楽しいことです。

つい先日、トランスによるインピーダンス変換器を製作しました。

 

ご存知の方も多いと思いますが、音源CDをそのままPCM非圧縮で、しかも超高速でHDDに転送出来る機器があります。

例えばnetjukeがそうですが、アンプはフルデジタル回路です。

音質は結構良いです。

しかし、もっと音が良くなるはずである。と思いました。

 

付属のスピーカーを使わず、JBLのL26スピーカーで聴く限り、音域は申し分ありませんが、音質はややおとなしく、これでも良いと言えば良いですが、大昔のCDプレーヤーをたくさん聴いてきた耳は欲が出ます。

 

ところが一部の機種を除きアナログ出力端子がなく、netjukeはBTL回路でスピーカー端子に直流電圧がかかっていて、スピーカー端子からRCAピンアナログ出力は取り出せません。(アナログ出力端子がある物もあるが、音質はそれなり)

 

そこで登場するのが、western electric製のインプットトランスを使った、絶縁インピーダンス変換器です。


f:id:we300ba:20210307143931j:image


f:id:we300ba:20210307144009j:image


f:id:we300ba:20210307144024j:image

出来上がった作品はこんな物です。

ハンドニブラとか言う金属切断道具を使い、椅子に座ったまま、使い古しのアルミケースを切取りました。

残った物はこんな部分です。


f:id:we300ba:20210307144500j:image

電気回路ですが、このトランスはパーマロイコア使用のインピーダンス600Ω:800Ωです。

まず、スピーカー端子からの出力を10Ωで受け、シリーズ抵抗に51Ωを通し、1次側両端子にはんだ付けをしますが、1次側は決してグランドに落としてはなりません。

2次側は片側グランドに落とし1KΩのシャント抵抗を入れ、RCA端子に接続して終わりです。

 

こうする事により、飛躍的に音が良くなる事をバラック配線状態で確認済みです。

 

ちなみに、これに接続したアンプはsmslのsa36a(tripath IC)というデジタルアンプです。

 

興味のある方は、どうぞお試し下さい。

【R3.4.21 追記】

netjukeの使用ICは、0.5W付近が一番歪率が小さいので、これに合わせると300Bアンプへのゲイン不足が分かっていたので、WE300Bアンプでの試聴はしていなかった。

機会あって今回してみたが、TANNOY HPDとの組合せではさらなる高音質で驚いた。

やはり、音源はデジタルでもアンプは真空管に限ると再認識した次第である。