A級アンプとD級アンプはどう違う?

 

A級アンプとD級アンプはどう違う? M2TECHの“ロックスターシリーズ”で徹底検証!

https://www.phileweb.com/sp/review/column/202209/13/1820.html

 

私がD級アンプ(デジタルアンプ)を買って聴いた時、最初に感じたのがソリッドステートのA級アンプの音に似ている、という事であった。

何よりも細かい音を良く拾うところが一番似ている。

しかし、使い続けているうちに逆にその細かさが耳につき、何というか厚みがない欠点がみえ始めた。

 

デジタルアンプは進歩を続け、低音の不足感や周波数特性のフラット感は改善されても、やはりA級アンプには敵わない、と言うのが最終的な結論である。

小口径のスピーカーシステムでは、割と良好なマッチングであるD級アンプも中大型スピーカーではその欠点を補うのには、マッチングトランスを介在したりしてやっとの音質である。

さらに小口径スピーカーシステムとの組み合わせでは小出力でのリニアリティが悪く、ある程度大音量にする必要がある。

 

その点、A級アンプは大型スピーカーシステムでの微小音でも音が痩せることがなく、音の厚みも失われる事がない。

 

価格も桁違いであるが、その違いは誰でも分かる。

しかしそれ以上に、重量と発熱量の欠点はやはり一部のマニアに限られる。

音質のチューニング

自分のオーディオシステムの音質チューニングを、全然しないで買ったままという人も多いでしょうが、たいてい遅かれ早かれ手を加えるのがマニアです。

 

過去に在籍していた日本マランツの社長の松本さんは、アンプの完成段階で都はるみの音源を指定していたというのは社内での定説でした。

これはいっけんバカバカしそうですが、理にかなっています。

 

謡曲というのは、オーケストラとボーカルがうまくミックスされており、交響曲なんかを聴くより短時間で音楽の試聴が完了します。それが聴き慣れた曲ならなおさらです。

 

次に言えることは、システムの構成を変えない事です。アンプやスピーカーそして音源を変えれば、当然すべてのバランスは変化してしまいます。

アンプのチューニングをしたいなら音源とスピーカーは一定にして、かつ見定めたパーツ一点に絞り数週間をかけて調整します。

パーツのターゲットに誤りがなければ、徹底的な一点集中で交換比較して完成した暁には、その時点でたいていスピーカーを交換しても好結果が得られます。

 

こうして自分流の音質は長期間かけて完成していくのです。

 

 

 

直熱管6P23P シングルアンプの性能アップ

以前のブログでこのアンプをアップしたが、出力が余りにも低く、このまま小出力で使用するも良いが、パワーを上げれば数段良くなると思い、そのままの状態で電源回路をいじってみた。

 

結論を先に述べると、相当良くなった。

内容は、電源回路をAC100Vの倍電圧整流回路にしたのである。

270μF 250Vのケミコンには、理論的には280Vのピーク電圧が予測されるが、直熱管のため瞬時に耐圧が下がる。

f:id:we300ba:20220824194301j:image

プレート電圧が約2倍弱となり、完全正弦波での出力は20mWから125mWとなった。
f:id:we300ba:20220824140730j:image

最大出力も0.3Wから1.2W(両チャンネルで2.4W)までアップした。もちろん、ノイズはない。

 

この値はデジタルアンプと比較すれば、バカにされそうだが、何のなんの比較にならない程良い。

まあ、好みにもよりますが。

相変わらず配線は理論的には間違っていないが、美的センスはあってもスペースがない。
f:id:we300ba:20220824141829j:image

このアンプの置き場所が狭いスペースであるから、しょうがない。

 

オシロスコープの出力正弦波から判断して、出力管と初段管とで歪みの打消しが出来そうであるが、そこまで欲張る必要もない。

(後日、初段管のRkを調整すると、前述の完全正弦波出力は175mWに上昇する事を確認)

 

取り敢えず、このまま使用することにした。

 

何しろ1本150円足らずで過去に入手した真空管である。これ以上の深入りはあまり意味がないのである。

CDの劣化

【おたくま経済新聞: 貴重な記録と思い出を失わないために 今こそ向き合いたい「CD劣化問題」】
https://otakei.otakuma.net/archives/2022071705.html

これはドイツグラムフォンのCDですが、このシリーズは我が家にも4,5枚ありますが、劣化は皆無です。
f:id:we300ba:20220719173336j:image

CDはアルミニュームを蒸着したもので、当然保存状態が悪ければ劣化します。

しかし、現時点ではそうした話はあまり聞きません。

 

デジタルイフェクター?

今日のネットニュースで見ました。

トーンコントロールでも音質は良くなる、という記事ですが、何かと利便性が悪く高価です。

https://www.phileweb.com/review/article/202207/11/4772.html

経済的に余裕のある人は、お試しください。

トーンコントロールでは高音質にならない

ほとんどのアンプにトーンコントロールがついています。

ところで音質をこの大雑把なコントローラで調整が出来るとお思いですか。

 

まあ、低能率小型スピーカーで音楽を楽しんでいる方は、続きを読まずにここでお終いです。(なぜかと言うと、弱音での音質のリニアリティが悪いからです。)

 

オーディオ製品の購買には時代的な波があります。

高額な資金と引き換えに購入した製品が、期待はずれであった場合、多くの人はもう買いません。

それでも買い換えをする人々もいますが、いずれは自分で作ろうという事になるのです。

 

現代では日本のオーディオメーカーブランドの殆どが、そうしたマニアックな性能ではなく、外国のファンドの資本力で成立しています。

 

話を戻します。

なぜトーンコントロールではだめかと言う事ですが、スピーカーとの関わりで、低域は自作品でない限りほとんど大きな問題はないのですが、中高域では結構特性に凹凸があります。そこを補正するのにトーンコントロールでは大雑把過ぎてコントロールが出来ません。

例えば音がキンキンする場合、それが解消されるまでハイカットすれば当然高域の聴感限界付近の音は失われます。

音源が同一基準で作られる訳ではありませんから、すべての音源で自分の好みの音質に厳しく調整する事は難しく、そのためのトーンコントロールとも言えますが、それでもコントロールは出来ずオーディオマニアはここを起点に深みにはまっていきます。

 

結局、行き着く果は真空管アンプという事になっていくのですが、この過程が人それぞれで、生涯オーディオと付合って行くならば避けられない過程でもあるのです。

 

 

音楽を楽しむ基本

ネットブログにこんな書込みがある。

https://qiita.com/keiya/items/c994c200e8b38b6c7935

5年ほど前の投稿だが、結構最近まで反論が多いのがおもしろい。

例のごとく、理論しか知らない輩の猛反発や、やんわり穏やかに反論するなど、本論の他人の書いたブログに、その対象のみに関して知りうる限りを記述しているのもかわいらしい。

一番穏やかな反論でも、筆者の言い分を理解しつつも、20Khz以上の超音波は耳で聴こえなくても肌で感じる、というのである。

 

こう言っては失礼だがどんな肌をしているのか興味深かった。音は耳の聴覚神経で感じるものである。

骨伝導とはちょっと意味が異なる。

 

まあ、結論として半導体をいたずらに駆使したシステムからは心地よい音は出にくくなる。

それより以前に、聴く人の耳穴の形状で共鳴音が異なる。

音を出すスピーカーの特性もまちまちである。

ましてや、オーディオ機器の特性は測定機器で測るのは簡単だが、出てくる音はまちまちである。

例えばアンプ回路の部品1個を選択決定するのに1ヶ月位の検討期間がかかる事もあるのだ。

 

要は何が言いたいかと、言われれば、人はそれぞれ音楽の中に心地よい聴きたい音を求めているのである。

それは、ハイレゾとかデジタル処理技術のレベルを評価するものではない、ということだ。